電子契約

事例資料:株式会社千葉銀行様

千葉銀行

利用者の利便性向上と業務負荷の軽減へ
日本初の住宅ローンの電子契約を実現

  • FINCHUB

千葉銀行では、持続的な成長を実現するため、デジタルテクノロジーの活用による新たな価値の提供を戦略の一つとして掲げている。同行は、顧客の利便性の向上と銀行側の業務効率化を目的に、個人向けの住宅ローンや法人向けの事業性融資に金融業界向けの電子契約サービス「FINCHUB@absonne(フィンチューブ・アット・アブソンヌ)」を導入した。

導入前の課題

従来、ローン契約はすべて紙の契約書で行われており、顧客側の記入・押印の負担や、手作業に起因する記入相違、印鑑相違などの事務ミスが課題となっていた。

選定ポイント

金融業界向け電子契約サービスの「FINCHUB@absonne」を採用し、短期間で電子契約システムを構築した。審査システムなどとデータ連携することで、契約書類の作成や保管作業も効率化した。

導入効果

電子契約によって顧客の負担が減り、利便性が向上した。契約にかかわる銀行側の作業時間も短縮され、住宅ローンの契約では年間5100時間の省力化につながった。

詳細はフォームからご記入の上、資料をダウンロードいただきご覧ください。

CONTRACTHUBを活用したご利用シーン

CONTRACTHUBを用いて解決可能な代表的な業務ソリューションをご紹介します。

※制作当時の社名を記載しております。

お問い合わせはこちら

[an error occurred while processing this directive]