電子契約

事例資料:日本住宅ローン株式会社様

日本住宅ローン

利用者の利便性向上と業務負荷の軽減へ
日本初の住宅ローンの電子契約を実現

  • CONTRACTHUB

住宅ローンの申し込みは、申込者本人、連帯債務者、担保提供者など複数間契約となる。CONTRACTHUB@absonneはこれに対応し、電子証明書で個人認証も可能なことから導入を決定。ローン利用者はPC、スマートフォンなど時間や場所を選ばず迅速に契約が可能に。ハウスメーカー担当者の訪問の手間を省くなど業務を効率化でき、書類保管スペースの削減などを実現。

導入前の課題

住宅ローン利用者の利便性を向上させるとともに、ローン契約の取次を行うハウスメーカー担当者の業務負荷軽減や、自社社内事務の効率化に向け、ローン契約をオンラインで締結する電子契約サービスを導入したいと考えた。

選定ポイント

住宅ローン申込者本人、連帯債務者、担保提供者などの複数間契約に対応する、電子証明書で個人認証ができるなどを評価し、電子契約サービス「CONTRACTHUB@absonne」を採用。利便性の高いサービスを開発する。

導入効果

住宅ローン利用者がPCやスマートフォンなどで、時間や場所を選ばず迅速に契約ができるようになった。また、ハウスメーカー担当者は利用者への訪問が不要になる、日本住宅ローンは書類の保管スペースが減るなどの成果を実現した。

詳細はフォームからご記入の上、資料をダウンロードいただきご覧ください。

CONTRACTHUBを活用したご利用シーン

CONTRACTHUBを用いて解決可能な代表的な業務ソリューションをご紹介します。

※制作当時の社名を記載しております。

お問い合わせはこちら

[an error occurred while processing this directive]